あなたにあったオンラインカジノは?


スポンサーサイト

オンラインカジノって何?

オンラインカジノは、インターネットを介してパソコンでいつでもプレイできるカジノゲームのことを言います。オンラインカジノが他のゲームと違うところは、実際のお金を賭けてプレイすることができるのです!

。。。そんなバカな!

と思う人もいるかもしれませんが、これが実は10年以上前から世界中の人が遊んでいて、ヨーロッパやオーストラリア、カナダなどかなりの国では当たり前の娯楽のひとつになっているのです!



オンラインカジノは、ちゃんとした政府の許可証を持って運営されていたり、運営会社やゲームメーカーがロンドン株式市場で上場していたり、、、

知っていましたか?実は、あのサッカーの名門レアルマドリードやマンチェスターユナイテッドはオンラインカジノ会社がスポンサーしているんです。

プレイするには、まずオンラインカジノでアカウントを作って、入金してプレイします。勝った場合は、
その勝った金額を海外からの銀行振り込みや様々な方法で出金することができます。

しかもラスベガスやマカオなどの海外に行かずに、自宅でプレイすることができるんです。

実は9-10年ぐらい前からオンラインカジノの存在を知り、
プレイしている日本人プレイヤーがかなりいます。

実は雑誌や新聞でも過去に何度も取り上げられています。

オンカジでは、そんなオンラインカジノを知ってもらい、愛してもらい、もっともっと日本でメジャーな娯楽にしていきたいという一心で運営しています。

オンラインカジノを知ってもらうために様々な記事や動画を準備しているので、ゆっくり読んで、見て、オンラインカジノの世界を感じてください!

オンラインカジノの構造

オンラインカジノってどのように運営されているの?
まずは、技術的なところから説明します。

オンラインカジノを提供している会社は、まずオンラインカジノを運営してもよいという政府発行の正式なライセンスを取得しないといけません。

ライセンスに関する詳しい説明は、「オンラインカジノの運営許可について」を読んでください。

ライセンスを取得したオンラインカジノ運営会社は、運営用のゲームソフトウェアやその他データをライセンスを保持する国に所在するサーバーへ格納する必要があります。そして、世界中のプレイヤーがそのゲームにインターネットを介してアクセスしてプレイするということになります。



オンラインカジノの運営会社
次には、オンラインカジノ運営に関わっている様々な会社について説明します。
これが実はいくつもの会社が運営に関わっているのです。

まずは、カジノ運営会社がウェブサイトを作ってゲームを提供しています。
この他にも、プレイヤーに対するカスタマーサポート、得点やボーナスを提供するのも運営会社です。

この運営会社にゲームソフトウェアを提供しているのが、「ソフトウェアプロバイダー」と呼ばれるゲームメーカー会社です。マイクロゲーミング社やプレイテック社など、数多くの運営会社にソフトウェアを提供している大手会社がいくつかあります。

次に、ソフトウェアに入金/出金をする手段を提供するのが決済会社です。例えばこのサイトでも紹介しているWebanqやNETELLERという会社がそのような入出金を提供している決済会社です。

>

その他にもオンラインカジノがプレイヤー保護をちゃんと行っているか、ゲームは公平に行われているかを定期的に検査する監査企業などがあります。

これら各企業は大手の場合は、上場企業であったり、有名スポーツチームのスポンサーだったりします。これら企業が様々な役割を果たしてサービスを提供することによって、プレイヤーはオンラインカジノをプレイすることができるというわけですね。

オンラインカジノのペイアウト率について

他のギャンブルと比べると非常に配当が多いオンラインカジノ
オンラインカジノは他のギャンブルよりも配当が多い!
というのが業界の当たり前です。

プレイヤーが賭けた金額のうち、どのぐらいが配当として還元されているかという数字を
「ペイアウト率」と言います。つまり、勝つ可能性に直結していますね。

例えば、パチンコは平均的に80%ぐらいのペイアウト率があり、競馬は70%のペイアウト率があると言われています。宝くじはかなりひどくて、40%ほどしかないと言われています。

つまり、1万円賭けたとして、確率として、パチンコではそのうち80%の8,000円が返ってくるという計算で、宝くじでは、4,000円しか返ってきません。

では、オンラインカジノの場合はどうでしょうか。
なんと、平均ペイアウト率が97%もあります!

1万円賭けたとして、そのうち9,700円はプレイヤーに還元しているということです



ということは、勝つ確率としては、オンラインカジノが圧倒的に高いわけですね。
ゲームによっては、99%近いペイアウト率を示すものもあるのがオンラインカジノです。これを見てしまうと、宝くじや競馬がどれほど割に合わない、リターンが見込めないギャンブルかが分かります。

オンラインカジノでは、店舗を持たずにネットでそのサービスを完結させることで、コストを下げて、これほどのペイアウト率を実現しています。

オンラインカジノでは、このペイアウト率が本物であることをプレイヤーに証明するために、第三者の監査会社から検査を受けてこれをホームページで掲載しているケースも少なくありません。

ペイアウト率がオンラインカジノの大きな魅力と言えます

ゲーム情報 初心者講座> 交流の場 オンラインゲーミングの様々な種類

インターネットでリアルマネーで遊べるサービスを全体的に「オンラインゲーミング」と呼びます。その中でオンラインカジノは、もちろんカジノゲームがメインのインターネットギャンブルサービスですが、その他にも様々な種類のサイトがあります。

これがオンラインゲーミングの代表的なサービスですね。カジノゲームは世界中で昔から大人気ですが、オンラインカジノのゲームは、常に進化しています。

・スロットゲームは常に新しいデザインやルールを加えたものがリリースされています。
・新しいルールのブラックジャックも出たりします。
・ライブゲームという実際の人間のディーラーとリアルタイムで対戦するかなりエキサイティングなカジノゲームもあります。
・マルチプレイヤーという他のプレイヤーと一緒に遊べるゲームもあります。
・最近はスクラッチカードなど、簡単ゲームも充実しています。

日本人が「ポーカー」と聞くと、普通は機械を相手にプレイする「ビデオポーカー」をまっ先に思いつきます。しかし、実はヨーロッパや海外で「ポーカー」と言えば、プレイヤー同士で対戦するテキサスホールデムなどの対戦型ポーカーが圧倒的な人気を誇ります。海外では、ポーカー専用のテレビ番組が放送され、ポーカーの専用雑誌が発行されているほどのメジャーなゲームになっていて、日本でも密かにブームになり、プレイヤー数が年々増加しています。

対戦型ポーカーとビデオポーカーの大きな違いが「スキル」の介入です。つまり、「運」と同じぐらい「戦略」や「経験」などがものを言うゲームなので、やればやるほど勝てるようになります。そこには、様々な確立の理論に基づいた考え方や、精神的に相手を倒す心理作戦など、いくつもの要素があるのでゲームではなく「スポーツ」として世界ではとらえられています。

そろえないといけない「役」は日本でよくプレイされているビデオポーカーと同じなので、基本的なルールはそこまで難しくありません。誰でも簡単に覚えることができます。一度勝つ快感を覚えたらやめられない!それが対戦ポーカーの魅力です。

国際的には大金を勝つことができるトーナメントが世界中のカジノで開催されています。世界最大のトーナメント「ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー」では、なんと優勝者に10億円以上の賞金が準備されています!このような大会には、スポンサーがついたプロのプレイヤーが賞金をねらって争うほど、業界自体は盛り上がっています。

スポーツブック(「ブックメーカー」や「スポーツベッティング」とも呼ばれます)とは、スポーツの試合結果に対して賭けることができるオンラインゲーミングサービスです。ヨーロッパではかなり主流になっていて、店舗でベットできたり、実際の試合会場でオンラインでベットできる機械が置いてあったりします。

スポーツブックでは、スポーツの試合だけではなく、大統領選の結果、明日の天気など、スポーツだけではないテーマでベットすることもできます。

オンラインゲーミングの業界では、今アジアのゲームが注目を浴びています。
例えばパチンコや麻雀などはアジア内で大きな人気を誇るゲームなので、多くのサイトでオンラインサービスとして展開がされ始めています。

麻雀は実は西欧でも人気が上昇していまして、今では世界大会が行われたりしていて、オンラインでも今後はポーカーの次に盛り上がるサービスとして注目を浴びています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。